グッズ取引

【Twitterグッズ交換】★グッズ取引用語解説★注意喚起ってなに?

Twitterでグッズ交換を探していると、
【注意喚起】という用語を見かける事はありませんか?

どんな内容を、だれが、なんのために【注意喚起】をしているのか、
今回解説したいと思います。

この解説は、注意喚起の使用例をご紹介しておりますが、使用を推奨しておりません。
不用意に使用すると、トラブルの元になるため、ご使用の際はご自身の責任の元ご使用ください。

【注意喚起】とは?

注意喚起
読み方:ちゅういかんき
周囲の人や、組織住民などのグループに対して特定のことに関する注意を促すこと。

Weblio 辞書https://www.weblio.jp/content/%E6%B3%A8%E6%84%8F%E5%96%9A%E8%B5%B7

本来は、特定のことについて注意を促すという意味ですが、
グッズ取引においては、主に特定のアカウントに関する注意喚起が多いです。

どんな注意喚起が多い?

多くの注意喚起を見ていると、
トラブルが発生したあと、相手がブロックなどで故意に連絡を絶っている事が多くあります。

この場合、注意喚起をしているのはブロックされた側となります。

事例1:取引の途中で音信不通になり、ブロックされて…

AさんとBさんはTwitter上で、
手渡しでのグッズ交換の約束をしていました。

当日、Aさんが待ち合わせの場所について待っていましたが、
待てども待てどもBさんは待ち合わせ場所に現れませんでした。

何か事情があると思い、AさんがBさんに連絡を取ると
突然ブロックされ、連絡が取れなくなってしまいました。

調べて見ると、Bさんは他の取引相手にも同様の行為をしているようでした。
Aさんは同様にトラブルに巻き込まれる人がいないよう、
注意喚起ツイートをしました。

Bさんに何か事情があるかもしれないと思いつつ、
Bさんのアカウント名で検索すると、同様の人が多く
故意的に連絡を絶っていると確信したAさんは注意喚起を行いました。

事例2:郵送交換でトラブルに、相手が対応してくれず…

CさんとDさんは郵送交換を行いました。
Cさんが届いたものを確認すると、
缶バッジがその身そのまま封筒に入って送られてきました。

しかも、郵送途中で圧迫されたためか、缶バッジが凹んでしまいました。
Dさんにそれを伝えると
「いままでそのやり方でトラブルになったことはないので、貴方は神経質です」
と返されてしまいます。

何度かやり取りをしますが、Dさんは非を認めず、
「郵送交換だから、多少のキズは仕方ない」と、話し合いは決着がつきません。
その間にもDさんは様々な人と郵送交換を約束しています。

Cさんは、Dさんに注意喚起することを伝え、
他の人に被害がでないよう注意喚起を行いました。

郵送での注意喚起は梱包方法の認識違いが原因の場合が多いです。
過失については、当事者の感覚によるところもあります。
また、一概に注意喚起がされるラインは定められてないため、
注意喚起ツイートからさらにトラブルに発展する事もあります。

事例3:トラブルは決着したが、当事者の問題だけではないため…

この事例はフィクションです。

Fさんはグッズの販売会場で現地交換を行いました。
Gさんと交換した後、グッズを確認すると不良品でした。

Fさんは不良品をわざと交換されたと思い、
Gさんに連絡を取りました。

Gさんは故意的ではないと主張するため、
2人で確認を取った所、購入時から不良品だったことが判明しました。

Gさんが事前に確認しなかったことに過失もありますが、
Fさんは故意ではなかったとし、交換を取り止め、
Gさんは販売元に商品を交換してもらいました。

グッズ交換としては成立しませんでしたが、
Fさんは不良品かどうか確認をせずに損をする人がいないよう
グッズに関して購入後すぐに確認するよう、注意喚起を行いました。
(Gさんとの交換については記載していません)

この事例に関しては、お取引相手を注意喚起するのではなく、
多くの人も関わる、事象について注意喚起をします。

注意喚起ってなんのためにするの?

すべてに共通する事は

嫌な思いをする人をこれ以上増やしたくないから多くのひとに知ってもらう

ということです。

ただ、注意喚起を行う感覚は人それぞれのため、
注意喚起したものの、さらにトラブルになるということもありますので、
内容の精査は慎重に行いましょう。

どうしても注意喚起したい場合は?

まず、深呼吸しましょう。

感情に任せてツイートし、相手を不用意に傷つけたり、
あらぬ疑いをかけてしまった場合、取り返しのつかないことになります。

事実関係を確認し、それでも注意喚起をした方が良いと判断する場合は、
経緯を明らかにした上でツイートしましょう。