グッズ取引

取引のDMはどう送れば良い?炎上しないポイントも紹介【Twitterグッズ交換】

お取引、リプライで交換をOKしてもらえたけど、この後のDMの送り方がわからないという方、多いと思います。

そんなDMの送り方を実際のDM画面を使い解説します。

記事で解決しない方はお悩み相談をマシュマロにて受付中です。

DMを送るタイミングは?

リプライにてお声がけした場合、相互フォローとなったらDMは送ってもOKです。

フォローしてもよいでしょうか?と問いかける方もいれば、お先にフォロー失礼しますと、まず自分からフォローする方もいます。

やり取りの手間を最小限にしたい方は、交換の承諾がとれたら「お先にフォロー失礼致します」と伝えつつ、フォローをしましょう。

DMを送る-最初どんなことを送れば良い?-

※一番最後にコピペで使える例文を載せています。

最初のDMは以下の内容を伝えましょう。

  • 挨拶
  • 確認事項の送付
    • 交換内容
    • グッズの画像
    • 梱包方法
    • 発送日
    • (発送方法)

挨拶は必ずしましょう。
そして交換内容について確認する内容を送ります。

相互の認識を揃えるために必ず取引内容や梱包方法を提示しましょう。
「相手も自分と同じ認識だとおもっていたのに・・・・」という思い込みでトラブルや、悲しい思いをする方が多いです。

万が一、この時点でちょっと自分と違うなと思った場合には、
相手と認識を合わせるか、相手と合意の元お取引を止めることも可能です。

炎上しないポイント

だらだらと確認の文章を送るのはやめましょう。
もし、伝わるかなと不安になる場合には箇条書きでわかりやすく相手に伝えると伝わりやすくなります。

× 梱包は水濡れ防止とプチプチ二重にして、窓口発送希望ですが、ポスト投函でも構いません。また、梱包したら写真を送っていただきたいです。また、ポスト投函をされる際は一言連絡ください。


・梱包について
 ・水濡れ防止とプチプチ二重いたします。
 ・梱包内容確認のため、梱包後写真添付を希望します。

・発送について
 ・窓口発送優先、ポスト投函の場合は連絡をください。

相手のDMを確認

相手から返信がきたら、必ず内容を確認しましょう
この事例では相手が交換内容、梱包方法などに合意ができているため、住所を送付してきています。

この時点で気になることがあれば返信をしましょう。

炎上しないポイント

気になることがあれば、必ずDMにて認識を合わせるようにしましょう。自分も相手も思い込みで取引を続けることは一番危険です。


発送連絡

住所を送付したら、発送までなにか伝えたいことがなければ DMのやり取りは発生しません。

丁寧に返してくれる方もいれば、必要最低限しか返信しない方もいます。
ちょっと不安だなと思う方は、確認連絡などを増やしてもいいかもしれません

1 2