グッズ取引

【Twitterグッズ交換】グッズの郵送取引で炎上しないブロマイド梱包方法

今回は紙類の梱包方法をご紹介します。
取引では紙類に限らず、他人と交換する上で綺麗な状態を保つ事が大切になります。
特に紙の郵送交換は缶バッジに比べて、折れる・濡れるなどの破損がしやすいです。

さっそく確認してみましょう。

用意するもの

今回はブロマイド(L版)を見本に順を追って説明したいと思います。
用意するものは以下の物です。

  1. 硬質カードケース(A6サイズ)
  2. テープ付きOPP袋(B7サイズ)
  3. 封筒(B5サイズ)
  4. マスキングテープ
  5. セロハンテープ
  6. のり
  7. OPP袋(B5サイズ)

すべてダイソーでの購入品。

手順1:ブロマイドの保護

ブロマイドに限らず、他の人と交換する際はなるべくグッズを保護しましょう。
今回はテープ付きOPP袋を使っていますが、
中身が飛び出ないようにすればテープ付きの物でなくとも大丈夫です。

手順2:折れないように補強

紙類でも特に注意したいポイントになります。
段ボールでも補強することができますが、破損を防ぐには硬質カードケースがおすすめです。

  • 簡単に補強ができる。
  • 安価で手にはいる。
  • 再利用できる。
段ボールと違い、マスキングテープも容易にはがしやすいです。
また、交換者同士で硬質ケースを使えば、再利用する事が出来ます。

手順3:水濡れ対策

どの郵送取引でも同様ですが、
万が一、封筒が濡れても大丈夫なようにOPP袋で保護しましょう。

今回は大きいOPP袋に入れ、マスキングテープで留めています。
最後にしっかりと封が閉まっているか確認します。

最後にのり付けし、セロハンテープで封じます。

いかがでしたでしょうか?
グッズが綺麗な状態で届くように心がけながら梱包することも大切ですが、

必ず相手と梱包方法を確認することがとても重要です。

今回ご紹介した方法はたくさんあるうちの1つです。
自分自身がやりやすい方法を見つけるのが大切です。